バレンタインチョコSHOP

バレンタインチョコ♪通販するならバレンタインチョコSHOPで。

極上ギフト

濃厚な抹茶の風味がたまらない!!宇治抹茶生ショコラ。くちどけのなめらかさや、ほおばった時にひろがる味わいは絶品♪厳選した宇治高級抹茶を使用♪宇治抹茶生ショコラ「小佳女"おかめ"」【宇治抹茶生チョコレート】 【生チョコ】


濃厚な抹茶の風味がたまらない!!宇治抹茶生ショコラ。くちどけのなめらかさや、ほおばった時にひろがる味わいは絶品♪厳選した宇治高級抹茶を使用♪宇治抹茶生ショコラ「小佳女"おかめ"」【宇治抹茶生チョコレート】 【生チョコ】

評価: 5.0

レビュー: 11件のレビューがあります。

内  容抹茶生ショコラ小佳女 16粒入名  称チョコレート賞味期限出荷日より2週間保存方法冷蔵保存調理方法クール便で出荷いたします。到着後冷蔵庫で1〜2時間自然解凍の上賞味期限日までにおめしあがりください。原材料名カカオバター・砂糖・生クリーム・全脂粉乳・粉末水あめ・抹茶・粉糖・乳化剤(大豆由来を含む)・香料(天然バニラ)商品説明新鮮な生クリームを使用しており、生チョコ特有の"生感"・"口当たり"を損なうことなく、抹茶は原料(碾茶 - てんちゃ)からこだわりぬいた宇治抹茶を使用しており、後味の良い心地よい苦みと、上品な香りが楽しめます。<大枠キーワード>【freeshipping_1211】年内出荷・年内発送・年内・ねんない・年始・年始出荷・お得 お徳 徳用・福袋・送料無料 送料込み 送料込・お試しセット・業務用・訳あり 訳アリ・わけあり・訳あり・リピーター・人気・お試し・試食・緊急・追加・良質・決算・期間限定・贈答用・ギフト・グルメ・家庭用・激安・楽天最安値・最安値・特価・セール・円・OFF・OFF・オフ・割引・【】・期間限定・早い者勝ち・特売・破格・卸値・専門店・業者・セット・その他・冷蔵便・冷凍便・メール便・歳暮・中元・赤字・うじえん・ujien・ujienn・ウジエン・宇治園・お茶・おちゃ・抹茶・ほうじ茶・ほうじちゃ・ホウジチャ・ホウジ茶・まっちゃ・マッチャ・まっ茶・スイーツ・スィーツ・すいーつ・すぃーつ・デザート・でざーと・緑茶・りょくちゃ・リョクチャ・グリーンティー・おかめ・オカメ・傍目・なんば・難波・ナンバ・茶師・茶処・日本茶・にほんちゃ・ニホンチャ・茶の彩・ちゃのさい・宇治山城・京都・きょうと・キョート・手積み・手摘み・小佳女・老舗・しにせ・ひょっとこ・ヒョットコ・火男・濃厚・のうこう・和菓子・わがし・wagashi・ワガシ・銘茶・静岡・しずおか・京都・きょうと・宇治・うじ・ウジ・極上・ごくじょう・甘味・かんみ・カンミ・kannmi・kinmi<商品キーワード><商品説明>抹茶(まっちゃ)は緑茶の一種。碾茶を粉末にしたもの。またそれを湯で撹拌した飲料。茶道で飲用として用いられるほか、和菓子、洋菓子、料理の素材として広く用いられる。抹茶は、チャノキの葉(茶の葉)を蒸してから乾燥させた碾茶を茶臼でひいたものである。江戸時代までは挽きたてのものを飲用していた[1]。現代でも茶道では前日などに茶臼でひいたものを供する。家庭用にはすでに粉末化されプラスチックのフィルム袋に密閉されたものが流通している。変質を避けるため開封後は密閉容器に入れ冷暗所に保存する。その種類には、黒味を帯びた濃緑色の濃茶(こいちゃ)と鮮やかな青緑色の薄茶(うすちゃ)がある。茶道では、濃茶は茶杓に山3杯を1人分として、たっぷりの抹茶に少量の湯を注ぎ、茶筅で練ったものを供する。薄茶は茶杓1杯半を1人分として、柄杓半杯の湯を入れ茶筅で撹拌する。茶道では茶を「点(た)てる」(点茶=てんちゃ)というが、濃茶は特に「練る」という。抹茶は、料理の素材などとしても広く用いられる。代表的なものとして以下があげられる。和菓子 外郎(ういろう) もみじ饅頭 カステラ、菓子パン、クッキーなどの焼き菓子 かき氷、アイスクリーム、ソフトクリームなどの冷菓、氷菓 チョコレート、キャンデーなどの洋菓子へ和の風味として。 プリン、パフェなどのデザート類へ和の風味として。 チョコレート(英語:chocolate)は、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。省略して「チョコ」と称されることもある。また漢字では貯古齢糖の当て字がされる[要出典]。近年の工業生産チョコレートでは、原料コスト削減、加工性や風味の向上、栄養強化の目的で、これらに加え香料、糖質、植物油脂、甘味料など、様々な原料を配合することも多い。江戸時代から明治初期まで [編集]日本のチョコレートに関する記述は、18世紀の長崎の遊女がオランダ人から貰ったものを記したリスト『長崎寄合町議事書上控帳』に「しよくらあと」として登場するのが最初で、同年に記された『長崎見聞禄』にも「しょくらとを」に関する記述がある。また、1873年の岩倉使節団がフランス訪問中にチョコレート工場を見学したという記録がある。 明治維新から第二次世界大戦まで [編集]日本初の国産チョコレートは、米津凮月堂が1878年に製造したものである。ただしこれは、輸入したチョコレートを加工したものであった。米津凮月堂は、新聞に掲載された日本初のチョコレートの広告には貯古齢糖という漢字を当てていた。カカオ豆からの一貫生産は、1918年、森永製菓によって開始された。第二次世界大戦の影響により、日本では1940年までにカカオの輸入は止まり、風味がカカオにやや類似し果糖の原料でもあった菊芋と百合根(ユリの鱗茎)の脂肪分、砂糖の代わりにグルコース(ブドウ糖)を原料にした代用チョコレート(通称:グルチョコレート)が考案された。 カカオ分・乳分の比率による風味の分類 [編集]種類別名称として定められているチョコレートの種類に関しては、チョコレートの規格を参照のこと。ここでは一般的なチョコレートの風味による分類を記載する。スイートチョコレート 粉乳を含まないチョコレート。特に甘味の低く、苦みの強いものをビターチョコレートと呼ぶこともある。 セミスイートチョコレート 粉乳が若干量配合されたチョコレート。ミルクチョコレートほど乳成分を含んでいないもの。 ミルクチョコレート 粉乳が配合されたチョコレート。 ハイミルクチョコレート 粉乳と、若干量の非脂肪カカオ分が配合されたチョコレート。 ホワイトチョコレート 粉乳が配合され、非脂肪カカオ分が含まれないチョコレート。カカオ分はココアバターのみである。 チョコレート飲料 チョコレート若しくはカカオ由来の原料(粉末ココアなど)を、乳製品や水と乳化させ、飲料用にしたもの。 カカオマスの種類による風味の分類 [編集]コーヒーと同様、チョコレートもカカオマスの種類・産地・焙煎により、苦味、酸味、コク、香りなどのバランスが異なる。価格、風味の面を考慮し、複数の産地のカカオマスをブレンドすることも一般的である。フォラステロ種 Forastero 南米原産の栽培種であり産出量が多く安価。現在では主に西アフリカ・南アジアで栽培されている。欧米ではコートジボワール産、日本ではガーナ産をベースビーンズとして使用することが多い。 アリバ種 Arriba フォラステロの突然変異で派生した種。エクアドル原産。独特の渋みとジャスミンの花のような香りが特徴。 クリオロ種 Criollo 有史以前から存在するカカオ豆の原生種であり、現在では稀少種。現存するほとんどの株はフォラステロとの交配部がある。ベネズエラ、メキシコなどで栽培されている。 トリニタリオ種 Trinitario トリニダード島原産、クリオロとフォラステロの交配種。ラテンアメリカでフレーバービーンズとして広く栽培されている。

このサイトで掲載されている情報は、バレンタインチョコSHOP の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2010 バレンタインチョコSHOP All Rights Reserved.